ブリーチ必須のサファイヤブルーカラー◎紫シャンプー使用時の変化もぜひご覧ください♡

こんにちは◎

川越の美容室OPSISふーこです◎

—-初回特典↓——

指名で来ていただく学生の方→20%OFF

インスタ見た!で指名してくださった方→20%OFF

instagram→pme___

 


ご予約はこちらから♡↓

アイコン

 

現在、新型コロナウイルス対策といたしまして、

ご来店されるお客様にいくつかご協力頂く部分がございます。

☆来店時の検温

☆施術中のマスク着用

☆施術時にマスクが汚れる場合があるため、替えのマスクのご持参

☆ドリンク・雑誌サービスの休止

現在サロンで行っている事などをブログにまとめております。

必ず下記をご覧くださいm(__)m

 

OPSISでのコロナウイルス対策・お客様にお願いしていることについて。

 

 

 

⭐︎

さて、今日は夏にぴったりの、クールなヘアカラーのご紹介をしたいと思います◎

今年は特に、春〜夏にかけて、例年よりも多くのお客様が

『ブリーチカラー』をご選択してくださいます。

 

通常のヘアカラーでは出にくい、

『鮮やかな色味』『柔らかく淡い色味』

が表現できるのが、ブリーチカラーの特徴です◎

 

 

 

 

今日ご紹介させていただくのはこちらのお客様◎

BEFOREの状態で、すでに髪がかなり明るいのがお分かりいただけると思いますが、

二ヶ月前に1度ブリーチをしてある髪です。

 

前回入れた色は、濃く深いブルーバイオレットでしたが、

今ではすっかり色味は抜けています。

金髪に近いですが、少しくすみもありアッシュ寄りの柔らかさもある色味に感じませんか?

 

なぜかと言うと、『ホームケアで紫シャンプーを使っていたから』なのです◎

わかりやすくまとめた写真をご覧ください↓

 

 

こちら、左側は前回二ヶ月前にブリーチした時の画像です。

1度のブリーチなので、金というよりは少しオレンジの残る抜け方になっています。

中央の写真が、その後上からカラーを入れた色。

トーンでいうと、3・5・7あたりを細かく調合しています。

地毛のトーンの標準が5あたりなので、かなり濃く!深く!仕上げたのがお分かりいただけると思います。

 

 

そこから二ヶ月後は右側の写真。

左側の写真を比べると全く違うのがわかりますよね。

 

紫シャンプーは、紫の色素が入っていて、黄ばみを和らげてくれる効果があります。

ブリーチをしたカラーをした場合、毎日シャンプー等により色が落ちていくのですが、

その時出てくるブリーチの黄ばみを抑えてくれ、

色が落ちたとしてもアッシュ寄りの髪に仕上げてくれるのです。

 

 

最近では、紫シャンプーの他にも種類豊富なカラーシャンプーが出ています。

ブリーチカラーをされる方は特に、ホームケアとしてカラーシャンプーを使用することをオススメしますよ◎

(OPSISでもいくつかカラーシャンプーの取り扱いがあるのでぜひご相談ください◎)

 

 

そして、今回のヘアカラーはこんな感じに◎

ある程度明るさを保ちつつ、爽やかな青味をイメージして薬剤の調合をしました◎

 

 

前回の青カラーとの違いを比べてみます◎

前回の左側の色は、ベースを紫にしています。

その上から、アクセントになると、くすませる為にグレーを入れています。

 

より寒色に寄った青味になっているのがわかると思います。

 

 

 

そして右側の今回の色は、ベースをアッシュに。

明るめでも艶っぽさが出るようにパールを混ぜて、仕上げにアクセントのブルーを少々。(料理・・?笑)

 

 

ちなみに、二ヶ月分の根元の黒髪はブリーチしていません。

少しトーンアップしつつ、ブリーチ部分と境目がぱきっと分かれないように繋げています。

 

 

全頭ブリーチをした場合、

『ブリーチカラーを続ける時に毎回根元をブリーチしなきゃダメですか?』

 

とよく聞かれるのですが、

もちろん希望色等により異なりますが、

何回かは特にブリーチせずシングルカラーでいくという手もありますよ◎

(この辺りのお話も、施術中しっかりとさせていただくのでご安心くださいね◎)

 

 

 

ちなみに、自然光の下だと色の見え方はこんなかんじ◎

照明の種類や場所によっても、色味の見え方がガラッと変わるのも、ブリーチカラーの楽しいポイントです◎

 

 

と、こんな感じで、一度ブリーチをしておくと、

同じような系統の色味だったとしても、細かく調整しながらいろんな雰囲気を楽しめるのです。。⭐︎

 

 

やってみたいけど、ブリーチって髪が傷みそう、、という心配もあると思います。

全くダメージがありません、とはもちろん言えませんが、

ブリーチの仕方、ブリーチ剤の選択、髪への負担を最小限に抑える処理剤等を使い、

お家でも適切なケアをしていただければ日々の扱いにそこまで困ることもないと思います。

(※もちろん、髪質や今までの履歴等によりオススメできない場合もあります)

 

 

やる、やらないは別にしても、気になる方はぜひご相談だけでも♡

メリットもデメリットも、しっかりとお話しさせていただくので、、

安心してお任せくださいね!⭐︎

 

 

カテゴリー: ぷみスタ。, カラ―, サロンの出来事, スタイル提案, ヘアカラー パーマリンク 投稿日: 作成者: ふーちゃん