留袖を着る時・・・結構知らない大事なポイント伝授♪

こんにちは、オプシス着付け担当片山です。

 

 

 

 

いよいよ梅雨入りでしょうか・・・ 蒸し暑く、うっとうしい日が続きますね。

でも6月といえば、結婚式シーズンです。

今回は先日留袖の着付けをさせていただきましたので、そこでちょっと知って得な着付けのポイントをお話させていただきたいと思います♪

 

結構知っているようで知らない、良いポイントですよ (笑) 是非ご覧ください!

 

 

 

 

この時期6月の支度は和装洋装とも夏使用の衣替えになりますが、結婚式のお着物は中々そうはいきません。。。式場は常に冷暖房完備がなされているので、和装でも暑苦しくなく着れるということもあるし、しかもほとんどがレンタルということもありますから美容室で着付けする方が少なくなってきました。それも仕方ないのかな~と思っています、、、

 

 

 

 

 

さて、新郎のお母様といえば黒留袖ですが近年洋装化していることもあり少なくなっているみたいで、少し残念ですが第一礼装ですからね、品格が違います。

 

 

 

 

 

IMG_0156

 

 

 

 

 

とは言っても汗っかきな方や暑苦しいのがちょっとね・・・という方には(夏の着付けポイント)一番下に着る肌着を浴衣用のものに変えてもいいですよ!薄手で袖がなく上下つながっているものなら締め付けが無いので楽で良いですからね

 

 

 

 

 

また親御さんは何かと忙しくご挨拶も多いですよね、襟元は少しゆとりをもって着せる事も心掛けています。

 

 

 

 

IMG_0154

 

 

 

 

 

 

 

帯も胴に巻いた時は並行でも帯揚げを入れるスペースを作ることでセンターがやや下がるので、両脇が上がりフィット感とお腹が突き出ていない様に見え綺麗な着付けになります。

 

 

例えば見比べて見るとこんな感じです。少し湾曲しているのがわかりますか?

 

 

 

 

 

IMG_0159

 

 

 

 

ではここからが今日の最大のポイント

帯締めの結び方にも注意をして欲しいのですが、中には適切でない結び方(〆方)をしているのを見かけます。全く間違えでは無いのですがお祝い事の席ではやはり最も正しい〆方をしていただきたいなと思います◎

 

 

 

 

言葉で伝えるとわかりにくいので画像で紹介しますね!

 

 

 

IMG_0158

 

 

 

 

 

初めは襟合わせと同じように帯締めは下から上へ 交差させます。ループにした帯締めの先は上に・・・そのループの中にもう片方の帯締めをまた下から上へ・・・と言う感じに結びの紐のフィニッシュは下から上です。

 

 

 

 

 

 

IMG_0155

 

 

 

 

この部分がよく見て見ると上から下になっていることが多いのでちょっとした事ですがこういう細かな部分にも気を付けて着付けていると完璧ですよ◎笑

 

 

 

帯締めの長さによっては最後の紐先はこちらの様に収めて頂くと良いですよ◎

 

 

 

 

IMG_0157

 

 

 

 

但し、仏の場合の帯締めは全て逆になりますので気を付けましょうね〜♪

 

 

 

 

実は何故こんな事をお話しするかと言うと、長時間着ている内に着崩れたり帯締めが外れたりする事などもあった時直し方が分からない・・・なんて事ありうるでしょ⁉︎

 

 

今回は帯締めのお話でした~(^.^)

是非お役立て下さいませ

 

 

 

 

また、留袖以外のお呼ばれには変わり結びも年齢に応じてアレンジもしますので是非オプシスにお任せくださいませ。。。

 

 

 

 

 

 

IMG_0161

 

 

 

 

 

次回はそろそろ浴衣!ですね〜それではまた

 

 

 

Instagramをはじめました!

 

片山の予約はこちらからでもできます!

 

 

LINE@で気軽に予約できます。

 

友だち追加数

 

@opsisで検索して友達追加してくださいね!

ご質問なども気軽にトーク出来ますので是非よろしくお願いします

 

 

カテゴリー: 川越, 帯アレンジ, 本日のお客様, 浴衣&着物 パーマリンク 投稿日: 作成者: スタイリスト 片山 理枝