川越美人百景 vol.4回想

vol4_001-702x1052

 

久しぶりの更新がトイレです・・・笑

 

いや、真面目な話だいぶカッコイイと思いませんか?

 

4作目は なっちゃんにお願いして撮りました。

 

このトイレは新富町の BAR SCARECROW (クリックするとHPへ飛びます)さんです。

 

vol4_019-702x467

 

 

エロカッコイイ女を作るために必要な要素として僕のイメージにあったのは ルージュ 艶 乱れ髪 パール肌 テイラード フォーマル エレガント です。

 

矛盾もミックスしてイメージを寄せて寄せて作った作品です。

 

前髪が大きく内側に巻かれ、うねりながらサイドに繋がるラインで、たっぷり厚みのある質感を出しエレガントさを醸し出そうと頑張りました。

 

vol4_005-702x1055

 

 

ボサボサにも艶を出し・・・。

 

vol4_015-702x1055

 

 

この時、まだメイクを教えてやっとのこと仕上げられる程度だったアシスタントの ふーこに、ザックリとしかイメージを伝えずにベースメイクに入らせましたが、どうでしょう?

ウェット感のある肌質に仕上がっているおかげで、色っぽい雰囲気が出ているのでは?と思います。

 

vol4_018-702x1052

 

 

vol4_022-702x467

 

 

この日最後は川越の夜景がチラッと見える時間でした。

 

さて、時間はさかのぼって日中には、南大塚の菅原神社へ・・・。

 

vol4_008-702x467vol4_004-702x467

 

 

梅の時期でした。

 

飾らない彼女のありのままを出したかった場面です。

 

vol4_011-702x467

 

 

そして、松本醤油さんへ・・・。

 

vol4_000c-702x467

 

 

限りなく「現場の女」感を出したくて、クタクタなスタイリングの中に顔の表情で 凛としたデキる女の雰囲気を出すために色を強く出さず線でメイクしています。

 

化粧っ気をあまり出さずに綺麗に仕上げるってとても難しいですよね。

 

vol4_003-702x467

 

ここはお隣の鏡山酒造さんです。

 

なんと、酒を作るタンクの上です・・・。

 

落ちると無酸素で、あっという間に昇天するらしいです・・・。

 

そんなちょっと怖い場所でも、なっちゃんは楽しそうです・・・笑。

 

vol4_000b-702x467

 

 

コンクリ、木、機械、無彩色、人、無機質、体温・・・。

 

全部混ぜて一つの絵にすると、違和感の中に調和を感じることができる気がします。

 

vol4_010-702x1055

 

 

夏子の酒・・・ならぬ「夏美の酒」笑

 

結ぶ予定がなくて道端の草を抜いて、紐がわりに使ってまとめたヘアーです

 

普段では決して入れないような場所でも、快く撮影させていただいた皆様のおかげで、一日を通して素敵な作品作りが出来ました。

 

この日は、僕の同級生で川越独立してサロンを出している よっちゃんにもすごく助けてもらいました。 Y.(よっちゃんの美容室はここ)

 

そんなわけで、パートナーの昭夫さんにすっかり任せっぱなしの1日でしたが、僕の素敵な記憶の中の一欠片です。

 

 

coedo elegancies – VOL. 04 – 20140318

model: natsumi sakurai
hair and makeup: ryouta yamada – Hair&Make OPSIS
helpmate: yoshiko sawada – Y.
photo: akio suga – akiosuga_photography

costume:
sokonowa, kawagoe

locations:
菅原神社 川越市南大塚
鏡山酒造 川越市仲町
松本醤油 川越市仲町
BAR SCARE CROW 川越市新富町

 

カテゴリー: 川越美人百景, 撮影 パーマリンク 投稿日: 作成者: 代表 山田 亮太