美容師でもあまり知られていない本夜会ってどんなスタイル?・・オプシスだから出来る本物の技術!

こんにちは、オプシスの片山です♡

 

美容師の仕事って常に新しいものを追っていると思われがちですが、実はそうでないのです。ファッションも同じ事が言えると思うのですが、流行を見返してみると昔流行ったスタイルをちょっとアレンジしたり崩してゆるい感じにしたり、それが今・・・

 

 

だからってそれを否定するわけではないのですが、しっかりした技術があってこそアレンジも素敵なものといえるのではないかと・・・この業界も新しい技術の習得は当たり前ですが、ほとんど需要の無い昔のスタイルなどいつしか忘れさられてしまいがち・・・でいいの???かなって思う事もあって、若い美容師さんのまだまだ知らない技術を私もまた改めて勉強してみました。

 

 

 

美容師は昔結髪師とも言われ、髪を切るのではなく、髪を結う(髪結い)事を仕事として来ました。今回改めて知る人も少ない日本髪が西洋文化に移り変わる、そんな時代のまとめ髪スタイルを知っていただこうと思います。

 

 

 

そもそも夜会巻きスタイル(夜会風とも言う)と言うものは美容師さんも一般的にも知れている巻き上げてまとめたスタイルの事を言います。

 

 

 

ad57843d7e43d08760c2294be9d57499_2

 

 

 

あくまでもほんの一例ですが・・・

 

 

 

abf6618a232f12dd634496e724e5fb9f_1

 

 

後ろの上げ方(まとめ方)です。襟足がキュッとねじり上がったスタイルです。大きさ高さは好みや髪の長さ、どう見せたいかなので様々。

 

 

 

実は夜会と言ってもその種類、方法は多いのですがこれからお伝えする『本夜会』と言うスタイルは「明治の鹿鳴館時代」社交場でそれまでの和から洋へと日本髪を崩し右手でクルッと巻き込み素早く洋風スタイルにしたところから、夜の社交場でのヘアスタイルとして名付けられたそうですよ。また一般的な巻き上げと区別する為に『本夜会』と呼ばれたものだそうです。当時の流行スタイルの一つですね!

 

 

 

 

 

ちょっと前置きが長かったですが今回は夜会の元祖とも言ったスタイル『本夜会』のまとめ髪です。(ネットでも出てこないスタイルをやりました)

 

 

 

 

襟足をたるませた独特の物、日本髪よりの洋風スタイルです!実際のスタイルはこちら・・・

 

 

image

 

 

 

襟足が本来の長さより下に弛ませたスタイルでどちらか言うと襟足の短い人の方がこのスタイルは活きて来るでしょう・・・

 

 

image

 

 

 

この本夜会スタイルはたるませ具合や大きさは見せ方ですが、2,3㎝位下がった感じが良さそうです。

 

 

本夜会のもう一つの特徴はふっくらとした曲線・・・

 

 

image

 

 

 

そして本来の毛流れの美しさでしょうね。

 

 

image

 

 

習得してしまえばきっと何て事のない物かも知れませんが、そのものを知らない美容師は物凄く多いと思うのです。今時、何でも検索すれば何でも出て来ますが、こればかりは私も納得行くものが出てきませんでしたので改めて練習してご紹介しちゃいました。

 

 

 

一つ一つ繊細な仕事をする事を求められているこう言う仕事も需要が有る無いに関わらずオプシスでは日々やっているのです。何でも基礎は大事ですね  ◎     出来ないより出来た方が良いし、知らないより知っている事が大事とも思うし

 

 

 

本夜会はどちらかと言えば粋なスタイル!日舞、新舞踊やその道の姉さんスタイルかも・・・一般的に好まれるスタイルではないでしょう・・・でもやってと言われたらやりますよ(o^^o)

 

但し、髪の長さは必要です  笑

 

 

今回はスタッフ全員での勉強会でした。和髪も大変奥が深いです、、、

私もまだまだ勉強せねば・・・です

 

今回は馴染みのないスタイルの紹介ですが、これからの時期は入学式、結婚式など大人の和装が多いでしょう・・・是非お着物を着る機会があるようでしたらお仕度はお任せいただけたら嬉しいです

 

 

LINE@で気軽に予約できます♡↓

友だち追加数

@opsisで検索して友達追加してくださいね♡

LINE@でのご予約のとり方、詳しくは下記のブログをご覧ください!

カテゴリー: アップスタイル, ヘアアレンジ, 勉強会, 川越 パーマリンク 投稿日: 作成者: スタイリスト 片山 理枝