ヘアドネーション 賛同美容室 OPSIS

子供たちに人毛のヘアウィッグを無償提供している、ヘアドネーション活動をご存知ですか!?

 

 

86098a_beb223aac4444d40a22f3f783cf150f8

 

(※ロゴ使用許可はいただいております)

 

東京 Japan Hair Donation & Charity(←リンクになっております。是非ご覧ください)

 

「ヘアドネーション」って??

ボランティアで「髪の毛を寄付」することです。

ヘアは髪の毛、ドネーションは寄付、寄贈という意味を表します。

 

髪の毛を寄付したい人と、ウィッグが必要な人の橋渡しをしているのが、Japan Hair Donation & Charity( JHDAC ジャーダック)というNPO法人です。

 

 

ヘアドネーションで集まった髪の毛はどうなるんですか?

この活動に参加する方々、全国から集まった髪の毛で、「小児がん、白血病、先天性無毛症、不慮の事故」などで毛髪を失った子供達(18歳以下)一人ひとりに合った人毛ウィッグを作成し、無料でプレゼントし、多くの子どもたちを笑顔にしています。

 

image

 

 

上記のような病気などで髪の毛を失った人が使う医療用ウィッグというものは、数十万円もする高価なものなのです。

さらに大人と違い、子どもは成長過程にあります。

これからどんどん成長をしていくなかで、サイズ調整が難しく、子ども用の医療ウィッグというのはとても少ないというのが現状だそうです。

 

 

私たちOPSISもこのヘアドネーション活動に既に参加させていただいております。

 

 

昨今、様々なチャリティー団体があり社会貢献されております。

選択肢が多い中、このJHDACを選択したのは、OPSISに長年通って下さっているお客様からのご紹介がきっかけでした。

お話を聞き、改めて活動の内容を知ることによって、我々のサロンでも少なからずお手伝い出来ることがある!と思う事が出来、参加の意思を固め登録させて頂いております。

 

コチラのリンク ⇒ OPSISヘアドネーション (実際にヘアドネーション希望のお客様がいらっしゃった時のブログです)是非ご覧ください!

 

 

 

賛同美容室として登録後、すぐに「ヘアドネーション希望」の嬉しいご予約もいただきました

ご来店いただいたお客様に尋ねると、このような活動をインターネットで知り、自分の住んでいるところの近くの美容室でやっていないかと調べてOPSISに辿りついたとおっしゃっておりました。

 

現在、埼玉県内では19のサロン、川越エリアでの登録はOPSISのみとなっているようです。

今後我々の活動により、少しでも多くのサロンでこのような動きが出てくればと思っております。

 

 

 

 

OPSISでは、ドナーの皆様に対しては

 

IMG_6101

 

「ヘアドネーション用のカット」(※もちろん、ただ長さを切るだけではなく、希望のヘアスタイルにしっかりとカットさせていただきます)

 

 

IMG_7998

 

このように、乾いた状態でゴムできつく結んでからカットさせていただきます。

 

IMG_6414

 

カットさせていただいた髪の毛は、袋に入れてお持ち帰りいただくようになっております。

 

 

 

 

又、実際にウィッグを使用している子供たちに対しては、ウィッグのメンテナンスをさせていただきます。(別途料金がかかります)

 

 

 

ここで質問に多い事をいくつかピックアップしてみました

 

長さの規定はあるのでしょうか?

長ければ長い方が良いのでしょうが、最低でも切り口から31㎝は必要だそうです。

毛先が不ぞろいでも大丈夫です、レイヤー、シャギーが入っていても問題ありません^^

 

どんな髪質でも大丈夫ですか?

極端なダメージ毛(ブリーチ毛、強いパーマがかかっている)でなければパーマ、カラー毛、白髪や癖毛でも大丈夫ですよ!(送る直前の過剰な施術はいりません)

 

どんな状態で送ればいいのでしょうか?

完全に乾かしてあり、31cm以上の長さがあり、切り口をゴム(輪ゴムも可)でしっかり束ね、同じ人の髪をまとめてある状態でお送り下さい。

オプシスでカットしていただければ、綺麗にカットしてそのまま送れる状態にしてお渡し致します。

特別な梱包は必要ありません。

過剰な包装は開封に時間がかかってしまうようなので、作業のスピードアップのためにも、簡易包装にご協力をお願い致しますとのことです。

また、輸送中に髪の毛がバラバラになってしまわないようにお気をつけ下さい。

送付方法は、普通郵便でも宅配便等でも、ご自身の送りやすい方法でどうぞ。

 

どこに送れば良いでしょうか?

宛先  〒531-0072 大阪府大阪市北区豊崎3−8−18 
    Japan Hair Donation & Charity(ジャーダック・JHDAC) です。

 

 

今年の3月末には、NHKのドキュメンタリーでこのヘアドネーション活動が特集され、徐々に多くの人にこの「ヘアドネーション活動」が認識されてきたのではないかと思っております。

 

私たち美容師の仕事の中のひとつである「髪の毛を切る」ということ。

 

当たり前のように毎日サロンワークで行っていることです。

この仕事を通して、目の前のお客様はもちろん、病気や事故で髪を失ってしまったような小さな子供たちをも幸せにできるのだとしたら、とてもうれしい事です。

もちろん、お客様方も、自分の切った髪が見知らぬ子供たちの役に立つのだとしたら、とてもうれしいことですよね^^

こうした、お客様からの「自分の切った髪の毛を有効に利用したい。子供たちに提供したい」という想いに、改めて、日々大切におひとりおひとりの髪を扱わせていただきたいなとスタッフ一同思っております

 

 

 

こちらの活動に対しての質問などございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ!

Hair&Make OPSIS

info@hairmake-opsis.co.jp

0120-915-543

 

 

 

 

カテゴリー: お知らせ, サロンの出来事 パーマリンク 投稿日: 作成者: スタイリスト 片山 理枝